So-net無料ブログ作成
検索選択

ありがとう、きよ森。(退院の日。) [入院キロク。]

8月20日。

久しぶりのシャバへ出る日。

入院中は、ものすごい暑さだったらしいけど
この日は前日の豪雨のおかげで、嘘みたいに涼しい。

授乳合宿みたいだった入院生活も今日で卒業かあ~。
とちょっとさみしい気分になったりもする。

そんな今朝の、ここでの最後の食事。

CA3F1098.jpg

☆ メニュー ☆
十六穀米ご飯
メロの西京焼き
肉じゃが
水菜と油揚げの煮びたし
味噌汁(豆腐・わかめ)
フルーツヨーグルト

CA3F1099.jpg

CA3F1100.jpg

いい思い出と一緒に、お友達もできた。
意外に年上の人が多かったな。
アラフォーで初産の人も、ちっともめずらしくない。

さらに、入院中、お隣だった人がご近所さんだということが判明!
世間はせまいね~^^

誕生日一日違いの同級生&いずれ同じ幼稚園に通うことになるかもしれないね。

CA3F1103.jpg

最後に、お世話になった助産婦さんとパチリ!

この美人な助産婦さんは、健診のときにも担当してくださった方。
今回のお産で、テキパキ処置をしてくださる姿を見て
ホントかっこいい!と惚れ惚れしてしまった。

別れが惜しくて思わず涙がポロリ。
写真のとおり、娘っ子も一緒に泣いています(←なんか違)



それにしても・・・

助産婦って仕事、改めてすごいよね・・命を誕生させるお手伝いだもん。
しかも、お産って一人ひとり全く違うから、マニュアルどおりに行かないし
毎回あの壮絶なドラマと直面するわけだよね・・

朝も昼も関係なく、分娩の時はいつ始まるかもわからない。
ものすごい精神力と体力が要るシゴトだ。

大きな責任を担ってるせいか、助産婦さんのオーラは、一味違う。

そのシゴトを、若くして(自らがお産を体験する前に)志すに至った経緯ってなんだろう。
中途半端な気持ちでなれる職業じゃないよね。
一人一人知りたいなあ。。と興味深々。

もし生まれ変わったら、助産婦になりたいなあ、なんてふと思うほどに。。。
(こんなドンくさい助産婦じゃ頼りないか・・)


さてさて・・シャワーと授乳室でのおっぱいタイムを終えて、相方のお迎えも到着♪
みこちゃん、いよいよ御召し替えなり。

やっと、やっと・・、
あのベビードレス(前日記参照 相方のお姉さん手作り!なのです)の出番だああ~

DSC_08071.JPG相方いわく「てるてる坊主・・・」(;・ж;・;)チョブ

・・・

それを云っちゃあオシマイよ・・アナタ・・(-∀-`; )ノまあ、そう見れなくもない・・

かわいい帽子もあったのに、つけるとすぐジタバタして取っちゃうので
この日の撮影は断念。

後日、再挑戦↓頑張って撮りました。(赤ちゃん撮影するのって難しひぃ~^^;)

DSC00096.JPG

実はかぶせただけだけどね・・・^^;

DSC00093.JPG

せっかくだからと、この後しばらく着せたままにしていたら
思いっきり乳を吐いてくれました(≡ω≡;)がちょーん・・
せっかくの純白のドレスに鮮やかな黄色いシミが・・相方くんに漂白剤買いに走ってもらいました(;´Д`)

おねえさん・・ありがとう・・そしてごめんなさい(TUT)まだまだ着ます。

んでもって、レンタカーにチャイルドシートまで借りてきてくれた相方くん。

おお、さすがよく気がつく・・・・と思ったら
首据わってないから、使えないじゃ~ん・・orz

・・・そんな(やっぱりドタバタな)感じで、
私とミコトの入院ライフ、これにて終了~。



いよいよ、これから3人での新しい生活が始まります。

ミコト、ようこそ我が家へ!!
今日からあなたがいつかお嫁にいくその日まで、パパとママがあなたを守ります。

ずーっとずーっと、よろしくね^^

CA3F1147.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。