So-net無料ブログ作成
富士温泉旅行 ブログトップ

山の神様に逢う旅。(10) [富士温泉旅行]

きっとまた来ようね。

名残惜しさを感じながら、下山。

一合目からもう一度、振り返ると、富士山に孔雀のような雲が掛かって一段と神々しい。

CA3F0726.jpg

富士山の周りだけ風が強いのか、雲がものすごい勢いで流れていきます。

孔雀・・火の鳥ならぬ真っ白な氷の鳥?が、大きな羽を広げて空を飛んでいくかの如く。
それはもう、息を呑むほどの美しさでした。

感動で声にもならず、車を止めてしばらくじっと見つめる二人。

あまり感情の起伏がない相方も、感激しまくり^^
極寒の中、何枚も写真を撮っていました。

CA3F0727.jpg
CA3F0724.jpg

富士山、
最後まで、様々な顔をみせてくれてありがとう。

自然の美しさに、これほど心を奮わされたのは久しぶり。
空にも、大地にも、木にも、植物にも、石にも、山にも、それぞれの魂が宿っている。
呼びかければ、応えてくれる。

DSC_07403.JPG

私たちの想い次第で、世界には美しいものがすでに無限に溢れているんだな。

感動という何よりの宝物を、たくさん、ありがとう。

和哉くん、最高のプレゼント、ありがとう。

私、この旅をきっと一生忘れないだろう。

相方と、お腹の子と、様々な想いを抱えて
最初で最後の2,5人の富士山の旅。

今度は、
自然の精霊たちのエネルギーをたくさん授かったこの子を連れて
みんなでまた来ようね^^

CA3F0732.jpg



山の神様に逢う旅。(9) [富士温泉旅行]

さていよいよ富士山へ~。

激しい雪のため(ちょうど全国的に大寒波到来中)
四合目までなら登れるとのこと。

それでも、行かないわけには行かないよね。

大好きな姫神のCDを全開にしながら、富士山スバルライン、ドライブ決行~♪

車で山を登るときは、いつも姫神のBGMをフルボリュームにします。
異次元にいってしまうほど、魂が奮い立つ気がする。

一合目・二合目・・・・

どんどん雪が深くなっていきます。頂上が近づいてくる。
「すげえ迫力~」「綺麗だぁあ~!!」

景色の美しさになんども感嘆の声を上げながら
あっという間に四合目。

CA3F0717.jpgCA3F0720.jpg

山々を見下ろしてる~

DSC_07222.JPG

富士山の頂上がすぐそこに見える・・・気がする。実際はまだまだなんだけどね^^;

CA3F0715.jpg

DSC_07341.JPG

下からみると曇っていたのに、ここまでくると快晴なんだあ
よく澄んだ青空を近くに感じて、ほんとに綺麗でした。

富士山には、大きな神様が住んでいる。

うまく表現できないけれど、それを深く確信したひとときでした。






山の神様に逢う旅。(8) [富士温泉旅行]

食後、最後にもういちど部屋の露天風呂に入った後、
しあわせをたっぷりもらった鐘山苑を出発。

まずは旅館から目と鼻の先にある富士浅間神社へ。
鳥居がおっきい!杉並木が美しい~!
神社の木を眺めるのが大好きな私と相方にとって、ものすごくテンションがあがる神社でした。

CA3F0699.jpgDSC_0702a.JPG

左の写真を撮る私を、相方が撮ったのが右。

DSC_07072.JPGCA3F0701.jpg

長い杉並木をてくてく歩くと本堂へたどり着きます。

大きな岩が祀られてたよ。
CA3F0703.jpg

樹齢一千年の太郎杉。すごいエネルギーを感じるよ~

CA3F0706.jpg

これは夫婦杉。
みんながもっと心から楽しく生きられる世の中になるよう、
みんなが本当に愛する人と結ばれて、もっと自由になれる世の中になるよう、たくさんお祈りしました。

CA3F0711.jpg

木に宿るエネルギー、たっぷり頂きました。お腹に吸収したよ^^

ここが、私と相方にとって今年の初詣の神社になりました。きっと最高の年になるよ。

山の神様に逢う旅。(7) [富士温泉旅行]

ちょっと離れた朝食会場 フィオーレホールへ。

せっかくだから別の浴衣に着替えてgo!部屋には3着用意されてました。

CA3F0691.jpg

となりにチャペルがあって、とっても綺麗な場所でした。
CA3F0687.jpg

CA3F0686.jpg

いいにおい~すでに人で賑わってる。

CA3F0683.jpg
CA3F0682.jpg

たくさんあって迷っちゃうけど、今の私は、とにかく爽やかなものが食べたい。。
ということでもっぱらフルーツと生野菜。豚汁もよそってもらった。
意外にも、いかの塩辛が美味しくておかわりする。お水が美味しくてがぶ飲み・・。

CA3F0676.jpg

相方も、何度もおかずをおかわり。私の分までたくさん食べてね・・
妊娠してから、大好きなコーヒーが全く飲めなくなった私。その分、相方がコーヒーをよく飲むようになった。
不思議・・

CA3F0675.jpg

デザートもあるよ♪

CA3F0680.jpg

ここからもやっぱり富士山がよく眺められました。

CA3F0678.jpg

かっこいいなあ~ この山に完全に惚れてしまった私。


山の神様に逢う旅。(6) [富士温泉旅行]

妊娠してからトイレが近くて、夜中に何度も目が覚めるようになった私・・^^;

目覚ましがセットした時間より少し早く、
6時半ごろトイレついでに、ちらっと窓を覗くと・・・
朝日を浴びて浮き上がった富士山のなんと美しいこと!!圧巻!!!オオォォオヾ('д'*三*'∀'*三*'д')ノシオォォオオ!!

CA3F0660.jpg

昨夜の分厚~い雪雲が、こうして見事な雪化粧を施してくれたんだなあ・・ありがとう(ToT)

あまりの美しさに、目がパッチリ覚めてしまった私。
興奮しすぎて、相方を起こさずにはいられない・・

「和哉く~ん おーきーてぇぇぇ 」*。(´=ωq`)ヽ(。´・ω・`。)ノ゚+.

だって、朝日が昇るこの瞬間はきっと今しか見れないんだもの。
寝てられないよう~

寝ぼけ眼の相方も、窓の外を見ていっきに瞳を輝かせてる。
「おお~すげええええ!」

でしょでしょ。

というわけで、予定より早く起床して、それぞれ露天風呂へ直行。

相方は、屋上の露天風呂へ。
私は、昨夜の大浴場赤富士へ。

CA3F0658.jpg

またまた露天風呂は貸切状態だったよ^^
富士山、ようく見えました。携帯をこっそり持ち込んだけれど、やっぱりありのまんまは撮れないな。

CA3F0665.jpg
CA3F0667.jpg

CA3F0666.jpg

朝からたっぷり充電できました。今日も気分がいいな。
このまま、一日つわりが穏やかであってくれますように・・。

CA3F0671.jpg

こっちは相方がとった展望露天風呂からの眺め。
ここも人が他にいなかったので、携帯でパシリと。
考えることが同じだな。^^;・・というより、撮らずにはいられないよね・・

CA3F00880001.jpg

これは。朝食前にお部屋から見た今日の富士山。

CA3F0694.jpg

朝はバイキングだって~。(昨夜食べ過ぎてまだ胃が重いけど・・・)
では会場へレッツゴー。。。


山の神様に逢う旅。(5) [富士温泉旅行]

食後はロビーの浮き舞台にて、ダイナミックな霊峰太鼓が開演。

全員この旅館の従業員だとか。
ものすごい迫力!
鳥肌が立つほど豪快で素晴らしい和太鼓のショーでした。

和太鼓好きな相方も感激。

CA3F0632.jpgCA3F0634.jpg

CA3F00870001.jpg

その後はビンゴゲームがあったりして、とっても楽しめました。


さてさて・・、部屋に戻ってひとやすみしよう。。。
気づけば、庭園がライトアップされて、部屋からの眺めがとってもロマンチック。

CA3F0627.jpg

「いいねえ~」とご機嫌な相方。
CA3F0625.jpg

いつもはカラスの行水くんだけど、今夜は特別。ゆったりのんびり。
お部屋の露天風呂は24時間OKなので、何度も入りました。
CA3F0651.jpg

CA3F0659.jpg

お腹いっぱい食べたけど、アイスは別腹?自販機で大好物のハーゲンダッツを発見。

CA3F0657.jpg

今日の締めくくりに、この旅館で一番大きな露天風呂、「赤富士」へ・・・。
深夜で外は極寒で真っ暗だったけれど、ここでもタイミングよく、ちょうど人がいなかったので
ゆったりと綺麗な星を眺めることが出来ました。
朝には、ここからも富士山が見えるらしいので、早起きすることにしようかな。

CA3F0576.jpg

山の神様に逢う旅。(4)~食事編 [富士温泉旅行]

お風呂から戻ると待ちに待った夕食タイム~

個室料亭へ。

素敵な笑顔の仲居さんが、一品ずつ説明しながらお料理を運んできてくれます。

わ~なんて、VIPな気分・・(ToT)しあわせすぎるよ・・

めずらしいご馳走を忘れたくなくて、たっぷり写真におさめちゃいました。

(ちなみに、相方はきのこ料理がだめなので、若干メニューを工夫して下さいました。)


まずは食前酒。 妊婦の私にはぶどうジュースが出ました。ジューシー♪^^

いよいよお料理へ・・・

・先付 蕪のビシソワーズ

「これ旨い!」とサク。ビシソワーズって初めて飲んだけど、ほんとに美味しかった。

CA3F0600.jpg
CA3F0601.jpg

・夢 
細魚酢〆 鮑煮貝 山葵菜お浸し 青味大根唐墨 海老寿司 
松葉黒豆 蟹奉書巻 里芋蕗味噌焼 飛梅

わあ 綺麗~
なんだかいろいろあって、慣れない私たちは「??」な食材がたくさん。
一品ずつ味わって頂きました。あわびを食べると目が綺麗な子が生まれるって、ほんとかな?

CA3F0603.jpg

・椀替り
土瓶蒸し (地鶏 海老新丈 百合根 銀杏 三つ葉 酢橘)

海育ちの相方は土瓶蒸しを食するのが初めてだとか!
地鶏のいい出汁がでて美味しかったね。

CA3F0604.jpgCA3F0606.jpg

・造里
旬魚盛り合わせ あしらい

お皿が富士山の形なんですって!わかるかな??

CA3F0607.jpgCA3F0609.jpg

・焼き物
寒鱈奉書焼き

その名の通り、紙に包んで焼いたお料理。かぼすがいい風味。

CA3F0613.jpg

・蒸し物
雲子蒸し 特製ポン酢餡

白子の入った茶碗蒸しにとろり餡。白子が食わず嫌いだった相方も、「おいしい~」と舌鼓。

CA3F0614.jpg


・皿
甲州牛ステーキ
大根 葱 八丁味噌ソース

お肉がものすごくやわらかくて、とろけそうなほど。ホントに美味しい!
かなり厳選された特上のお肉だとか。。(@x@)ノ仲居さんに勧められた通り、
大根と、味噌と一緒に食べると意外に合う~!

グラスに入ったさっぱりした柚子味のシャーベットで、口直し。
こういう気の利かせ方が、真心がこもってて嬉しいね。

CA3F0615.jpgCA3F0616.jpg

・口直し
スモークサーモンマリネ柚子風味

あちゃー。マリネだ。
相方は好き嫌いが多すぎるから、きのこしか伝えなかったけど、実は玉ねぎも超苦手だったりして・・^^;
玉ねぎの味全開のこのメニューはさすがにお手上げでした。
「玉ねぎには勝てねえ・・」と相方。私、横で爆笑。。。サーモンは美味しいでしょ?

ちなみに、相方が普段食べない物は、きのこ類と玉ねぎのほかにも、トマト・ナス・その他緑黄色野菜・・
全部挙げたら、使える食材がなくなりそうでしょ?(^ω^;lll)

CA3F0617.jpg

・食事
津合釜飯
香の物 盛り合わせ

ほんとは松茸ご飯だったらしいけど、相方のきのこ嫌いを配慮して、ずわい蟹の釜飯に変更してくださいました。
つみれの赤出汁がほんとに美味しかった!

CA3F0618.jpg

・オレンジ釜盛り
南瓜プリン 季果物
蜂蜜ゼリー掛け 和菓子

デザートも豪華だああ
ちゃんとしたパティシエさんが作ってるみたいで、上品な甘さの絶品プリン。

CA3F0621.jpg

もうずいぶんお腹はパンパンなのだけど、今日だけは意地でも食べてやる~と気合に任せて
全部たいらげました。

お料理が始まってデザートまでちょうど一時間。

ゆったり、まったり、大満足の食事タイムだったね。

CA3F0623.jpg
  

山の神様に逢う旅。(3) [富士温泉旅行]

お部屋の温泉と談話室からは、たっぷり富士山が眺められる。
私も相方も、この部屋からの絶景にはしゃぎっぱなしだ。

あいにく初日は、富士山の頂上に分厚い雪雲が被っていて、
前景が見えなかったけど、ものすごい存在感とエネルギーを感じるには十分な美しさだった。

「富士山すごいね~」

CA3F0678.jpg

二人とも、すっかり富士山の虜になってしまった。

この旅館の屋上には、ちょうど去年の11月にオープンしたばかりの
富士山がたっぷり眺める露天風呂があるとのこと。

男女入れ替え制で午後は女性、午前は男性のみ。

エレベーターで最上階へ。庭園がライトアップされ始めた。

CA3F0596.jpg


はしゃいでるうちにすっかり日が暮れてしまって、私が入る頃には
外は真っ暗になってしまっていたけれど素晴らしい露天風呂だった。

入り口 出来たばかりだから、ピカピカだあ・・
CA3F0595.jpgCA3F0594.jpg

しかも誰もいない!なんてラッキ~、貸切だあ・・ 
あたりは次第に闇に落ちて、山の景色は見えづらくなっていくけれど、
空からは雪がちらついていて、ものすごく神秘的だった。

「この子に山の神様の魂が宿りますように・・。人を、自然を、深く大きく愛する強い子になりますように。」

山に向かって、空に向かって、たくさんたくさん祈った。
そのとき、風がはげしく吹いた。 私の頭の上で舞う雪、なんて綺麗なんだろう。

うまく言葉にできない。自然たちと心が通じ合っているような気がして、胸が熱くなった。

CA3F0586.jpg

私と、お腹の子と、自然たちとの言葉なき特別なお話タイム。

本当に幸せなひとときだった。



山の神様に逢う旅。(2) [富士温泉旅行]

高速を使わず、ドライブをのんびり楽しみながらだったので
早めに出発したにもかかわらず。
鐘山苑に到着したのはチェックインぎりぎりの15:00。

富士山が近い~!
気分が高揚する。

鐘山苑はずいぶんおおきな旅館だ。
駐車場もとても広いけど、平日なのでガラガラだった。
うん、冬休み明けで、ちょうどいまの時期のお客さんは少ないのかも。ラッキーだ。。^^

旅館の中にも外にも中にも庭園が・・・
CA3F0583.jpgCA3F0584.jpg

玄関で待っていた若くて可愛い仲居さんに連れられてお部屋へ。

CA3F0599.jpgCA3F0598.jpg

私たちの部屋は、ゆらく山彦亭の話楽の間。露天風呂つきだあ!

和室
CA3F0560.jpg

談話室
CA3F0561.jpg

洗面&脱衣室
CA3F0565.jpg

露天風呂
CA3F0564.jpg

ウエルカムサービス。つわりには嬉しいフルーツゼリー。お饅頭も美味しかった^^

CA3F0567.jpg

早速浴衣に着替えちゃおう~
CA3F0573.jpg

不思議なことに、つわりが穏やかだ~ 空気が違うからかな? 快適~^^

DSC_06845.JPGCA3F0577.jpg

山の神様に逢う旅。(1) [富士温泉旅行]

それは去年の暮れ・・・
私がつわりでうなされていたある夜、
相方くんが、パチスロで10万近くの賞金を手に入れてきた。

なんと!エエェェヽ(・ω・;ヽ)!!(ノ;・ω・)ノェェエエ!!

「これで温泉旅行に行こう!ちょっとイイとこ、泊まれるよ!」と、相方くん、ニコニコ顔。

一緒になってから3年。

行き当たりばったりの車の旅はよくしてきたけれど、
ちゃんとした旅館の予約をとって、計画的に出かける旅行はしたことがなかったな。

私たちは借金と(廃車寸前の)車以外何も無い状態からのスタートだったので、
この3年は常にギリギリの生活(マイナスかな?)だった。

素敵な旅館でゆったり・・なんて、夢のまた夢だと思ってたけれど・・・。

これも、きっと天からのお年玉かな。

とはいうもの、相方の仕事柄、長い休みは取れない。一泊二日が精一杯だ。

だから、どうせ行くなら豪華な一泊にしようよ!とはりきる相方くん。

私も思っても見ないプレゼントに、ワクワク。


行き先をいろいろ迷ったあげく、やっぱり富士山がみたい!ということになった。

二人で、ネットや雑誌の媒体を使ってあれこれ探し・・・
口コミの評判がいいところが間違いない、ということで、ようやくここに決定。 
富士山の眺める温泉旅館、「鐘山苑」
 
CA3F07380001.jpgCA3F0739.jpg

予約直後、妊娠が発覚したので少し迷ったけれど
「近場で無理をしなければ、温泉自体は問題ない。」
という先生の言葉で決行することに。

レンタカーを借りて、久しぶりのドライブ旅行だあ~♪

つわり対策に、プチトマトと梅干をタッパーに詰めて、いざ出発。

天気は快晴だ。

富士温泉旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。