So-net無料ブログ作成
検索選択
20週目。 ブログトップ

お水。(20週と6日) [20週目。]

今日 やっと
少し前に頼んでいたウォーターサーバーが届いたよ^^

東京の水が、放射能汚染の基準値を越えて
お水パニックになった日の直前、
なんだか妙な胸騒ぎがしてとっさの勢いで申し込んでいたのだけど
やっぱり震災後から注文が殺到していたみたい

一向に返事の電話がない上、
HPを見るとしばらくは新規の申し込みもストップしていたので
いつになるのかわからないなあ~数ヵ月後かな~・・なんて
気を長くして待つつもりだったけど・・^^;
思ったより早かったな~

CA3F08200001.jpg

配達に来た方は、一人で所沢を300件くらい担当しているらしく
「体が二つ欲しいっす」とやつれた様子で述べていらっしゃった^^;

この混乱の中、
未だかつてない危機に見舞われて つぶれていく業種もあれば
未だかつてない需要に見舞われて 儲かってる業種もある

まさにあらゆる業界や企業がカオスのただ中なんだろうな

震災前まで、ミネラルウォーターすらほとんど飼ったことがなかった私

まさかお水にお金をかけるなんて思いもしなかったな

若干お金は掛かるけど、(;´Д`)´
まったく余裕なんかない生活だけど (;´Д`)´д`)
それどころか出産費用すらマイナスだけど (;´Д`)´д`)´Д`)´д`);´Д`

まあ なんとかなるでしょ

ここはちびちゃんを少しでも守るためだい。
お料理もお米たくのも、しばらくはこれでいこう。


これでコーヒーやスープ、冷たいお水も飲めるので
使ってみるとこれが、なかなか便利です

水は飲まなかった相方もごくごく嬉しそう

電気代は
なんと電気ポットを使った場合の半分だとか。。。ほんとかな~?


・・・ちなみに、おまけ機能。


地震が起きると微弱でもサーバーの水が波立つので
いち早く察知できて便利ですぜ?(・V・)














強い味方。(20週と5日) [20週目。]

自慢じゃないけれど、
これまで妊婦のわりに毎朝快腸だった私。

それが、震災後のどたばたで、精神的な緊張のせいか
すっかり便秘気味になってしまっていた。

ただでさえお腹が大きくなって苦しいのに
便秘だと応える・・そして体重にも着実に応える・・いいことないさ~^^;

だがしか~し!

そんな私に心強~い救世主が。


それは・・・これ↓↓↓

CA3F0817.jpg

どーん。

そう何を隠そう!14日間まずはお試し 「ダノンビオ」。

実は妊娠当初からなんとなくずっと食べていたのだけど
震災後は出荷が止まってしまい、しばらく手に入らなかったの・・

それが、最近・・・

やっとお一人様一個だけど買えるようになったのだ(ToT)

これを、寝る前に食べ出した途端
次の日から、すっかり便秘が嘘のように解消してしまった。

効果あるなあ~とは思っていたけれど、ここまで顕著だとすごいな。
あの宣伝は少なくとも私にとってはホンモノだああ。


便秘に悩む妊婦さん、ほんとにお勧めです。


私のポイントは
必ず寝る直前に食べることかな~



立川へ。(20週と3・4日) [20週目。]

今日は朝からいいお天気で、体調もいいので
気分転換も兼ねて立川まで出ることにした。

目的は受験生の教え子の参考書を買うため。

・・埼玉に来て二年たつけど、
自転車が足だった私は、ほとんど電車に乗って出掛けることがない。

地理にも駅にもまったく詳しくないので
ここから一番近い大きな本屋さんがどこにあるかもよくわからない。
なので、何かあるときはとりあえず立川へ行くのが私。(^^;馬鹿のひとつ覚え・・

久しぶりの立川は相変わらず賑やかだった。

地震なんて、まるでなかったかのように
みんな、楽しそうにお買い物してる。
違う世界にいるみたいだ。

このところ、
なんとなく人恋しかったので、人込みさえ心地よく感じた。

ルミネの休憩用の椅子に腰掛けては休みながら、
本屋さんで、5冊問題集を購入。

問題集はすぐに買えたのだけど、
その後、メイちゃんのお誕生日プレゼントを選ぶのに
いろんな階を行ったり来たりして、何時間もかかってしまった(^ω^;lll)
こういうとき、ホントに私って優柔不断だなあと思う

しかも、迷い迷って最終的に選んだものが、
もんのすごく重たいものだったということに、買ってから気づく私。

さすがに、この上さらに、
問題集5冊は・・つらすぎる・・・゚・(ノ∀`;)・゚・ただでさえお腹に入ってるシトがいるといふのに・・
やってもうたね こりゃ

それでもめげずに、
相方へのお土産にクリスピードーナツまで買ってしまうのが私なのだ。(б´∀`)б

スタバに寄って休憩したいけど、家計が厳しいのでここはがまん。


そして・・・

まさに

行きはヨイヨイ 帰りは地獄・・・

しかも、電車を乗り間違えて、駅を行ったり来たりするはめに。シ──(-ω-)(-ω-)(-ω-)──ン

しかもしかも、途中でどうしても喉が渇いて
コンビニで買った炭酸ジュースを転がしてしまい、
そのままふたをオープン→駅のフォームで噴射(゚∀゚)(。A。) ひ~!

疲れ果てて帰宅したのでした・・・orz

朝出たのに、帰宅は3時すぎ。
お腹が空きすぎて、さすがにふらふら眩暈が(@@)

わたし 無意味に(爆)がんばったよ メイちゃん~(TUT)


だから、この情けない妊婦に免じて

おべんきょ 
もうちょびっとだけしてみようね~(^^;



声。(20週と1・2日) [20週目。]

考えても仕方ない、とわかっていても
考えてしまうことって、あるよね

頭から、離れないのは被災地の人のこと。
そして、福島のこと。

震災から3週間。

テレビでは当たり前のように
普通の番組が放送されるようになって
時間帯によってはどこをまわしても
震災のニュースが見れない時もある。

はがゆい。

被災地から離れていて、関係が薄い人ほど
他人事のようになっていくのもわかる。

誰だって、自分に関わることでなければ
共感を持ちにくいものだから。

人間だから、仕方ない。

でも、でも、今回の震災だけは、
傍観者であることは日本人である限り
誰一人できないと思う

そうであってはならない気がする

国単位で、組織単位で、個人単位で
あらゆる側面で
日本全国に間違いなく大きな影響を及ぼすものだから
誰もが共有するべきことだと。

そうでなければ、あまりに悲しすぎる

twitterでフォローしている中に、
南相馬の女子高生がいる。

彼女は、原発のために岩手に避難しているのだが
彼女のツイートがあまりにリアルで痛々しくて
いつも胸を打つ。

「「南相馬に帰れないのは運命なんだよ。」「南相馬に帰るのは無理だよ。」
「南相馬に帰るには諦めなきゃ・・・。」
今までもこれからも南相馬に帰るまで、
この言葉で何度自分を納得させなければならないんだ・・・。いやになる。」

「津波に巻き込まれたが瓦礫に引っかかり助かった女性。
津波の日から家が流された為に変えの服がない。
私達は避難した先で服を買うことができる。
なんでも着れるものは母と一緒に、彼女に置いてきた。
彼女はその服を着、明日も祖母と祖父を探すだろう。
何も解決してやない。原発も、被災地の復興も。」

「南相馬に戻った時に聞いた話ですが、南相馬市小高区では、
飼い犬が離されて野良犬と化し10匹程度の徒党を組んで行動しているそうです。
また、野良馬、野良豚、などなど不思議な町に・・・。」



「枝野さん自主避難を薦めるじゃなくて避難命令にしてくれよ!
じゃなきゃ離れない人沢山いるんだよ!!
何かあってからじゃ遅いのは明白だろう!!
物流が滞ってて水が汚染されている。生活をするのは困難。
そこまで分かっているなら何故避難命令にしてくれないんだ!
残ってる人達は国を信じてるんだよ!!」

「南相馬に帰ってくる人は増えてます。
それは、諦めてせめて死ぬのは我が故郷で。
や、避難所では様々な理由で難しく親戚の家に身を寄せていたが
このままずっとは居続けられない等、なんだかんだで戻って来ています。
それでもいいから私も帰りたい。
けれど、ここまで避難させてくれた母に申し訳ない。」


「泥の中にうつ伏せになって沈む9歳の甥っ子。
確認のために仰向けにすれど、顔がぐちゃぐちゃで分からない。
しかし、唯一下着に名前が書かれてあった。
彼らは今日も自分の母と父を捜して歩いている。
「ゴミなんだか人なんだか分からない・・・。」胸に突き刺さった。」

「メールで2のボタンを押す。一回だけ押す。勿論出てくる「か」。
下の候補の語群の一番上は「帰りたい」。
友と交わすメールには毎日必ず出てくる。この四文字。ギュっと詰まってる。
私の想いが。友の想いが。」

「どうか、悲惨な事実、ニュース、文字に慣れないで欲しい。
痛みを忘れられるのが恐ろしい。三秒でいい。想像してみてください。」




・・・・今、この瞬間、いったいどのくらいの人が
大きな苦しみと困難の中にいるのだろう

いったいいつになれば、どうすれば、彼らが安らかに生活できるようになるのだろう

これ以上、悲劇が続かないように
早く、暖かい場所で、暖かいご飯をお腹いっぱい食べれるように
祈らずにはいられない

無力だとわかっていても、思わずにはいられない

理屈じゃない

何が正しくて間違ってるかなんて知らない

「それも運命だ」なんて、冷たい悟りなら、いらない

しあわせに生きたい

それがすべての人間の願いのはずだよ

苦しむために生きてる人なんていない



ただ、彼らの痛みをどうにかしてほしい

もうたくさん苦しんだよ


原発よ どうかこれ以上


彼らの未来を奪わないで


これから実ろうとする
彼らの人生の果実を どうか 枯らさないで





私、オコル。(20週と0日) [20週目。]

今日は、教え子にお説教してしまった。

家庭教師歴は10年くらいだけど
私はほとんど教え子を叱ったことがない

学校の教師じゃないから
上から目線で教えるより
一緒に楽しく進んでいくのが、
私の役割でありスタイルだと思っているから。

しかし、昨日はさすがの私もとうとう噴火した。
かれこれ50回以上(たぶんそれ以上・・)繰り返し毎回同じことを教えても、
まったく覚える気配がないし
覚えようとする意欲が感じられない

能力の問題なら、怒ったりしない。
難しい問題が解けないのとは、訳が違う。

5分前に繰り返し念押したことを
ただちに忘れて、平気な顔で「わかんない」という(-U-;

ここまでくると
もはやヤル気の問題だ。

しかも、これから受験生だというのに、
早くもあきらめモードに入っている彼女。
「だって、別にどーだっていいもん」
とまで言い出す始末・・(^^;

さすがに、お母さんも困り果てていた。

受験がいやなのは、ものすごく理解できる。
なくなればいいって思うのも、よくわかる。
何人も見てきて、中学生みんなが同じことをいう時期がある。

「どこいったって、同じじゃん。行けるとこにいけばいいし。」

サボルためのいろんなもっともらしい言い訳を言って
頑張ってもみないで、ラクな道を選ぼうとする。

「だって、こんなの覚えてどーすんの?将来役に立つっていえないじゃん」

はいはい、わかってる。わかってるよ。
その気持ち。

世の中矛盾だらけなのも、欠陥だらけなのもわかってる。

だけどね、
大切なのはそこじゃない。
自分自身に立ち向かうかどうかの問題。

いい高校に行くことが大事じゃない。
最終的には、どこに行ったって、私は思い切り祝福するだろう。

けれど、
最初から投げ出してやらなかったことと、一生懸命やってみた自分への評価の違いは
どれだけ大きなことか、わかるかな。

今はわからなくても、大きくなってからわかること。

小さな自信が、自分への信頼が
積もり積もって、あなたを豊かな大人にするんだよ

あなたが本気で芸能人になりたいなら、勉強なんてしなくていい
本気でケーキ職人になりたいなら、いますぐ受験勉強なんてやめてもいい

でも、まだ、あなたにははっきりした目標がない。
まだ、将来を決められない。

ならば、今できることは、精一杯夢の範囲を広げておくことだよ。

そして
力いっぱいやってみて、何かを達成することが
どれだけ自分の糧になるか、どうか、知ってほしいの。

今は将来なんて考えられなくても
あなたがいつか夢を持ったとき、
進むことのできる選択肢がたくさんあるように。

頑張らなくても生きていける。
けれど、
頑張った分だけ、新しい世界に進める扉をたくさん持てるものだから。

大人になってから後悔しないように
大人になってからたくさん楽しめるように
可能性のタンクをできるだけいっぱいにしておいてほしいの。

後でたのしく遊ぶために、今だけ、頑張ってみよう

私も、いっぱいいっぱい助けるから



・・そんな話をした気がする(^^;

「後でたのしく遊ぶために」
最後はその言葉に納得したみたいで(・・そこかい。^^;)
なんとかやる気になってくれたみたい。

まだまだこれから一年、何度もぶつかるんだろうな。

でも、大好きな子だからこそ
できる限り本気で向かいたい、と思う。


メイちゃん、

一緒に、頑張ろうね。













20週目。 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。